競馬予想会社の元社員が送る、競馬コラム!

競馬回顧録 〜第65回朝日杯フューチュリティステークス(G1)回顧〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レースは牝馬で挑戦した、ベルカントが逃げる展開。

 

 

2馬身差で、エルカミーノレアル、

その後に、デムーロ騎手のマイネルディアベル、

更に北海道の雄、プレイアンドリアルが続きました。

 

 

武豊騎手は、この朝日杯を勝てば、”全G1制覇” ということもあり、

気合いが入っていたのかもしれませんが、

前半1000m58.6秒とやや早い流れ。

 

 

このままでは差し馬の台頭、

坂上でガラっと入れ替わるシーンまで想像できます。

 

 

4角で2番手に4〜5頭がかたまり大混戦。

 

 

坂を上りきったところで、

外からウインフルブルーム、ショウナンアチーヴ、アジアエクスプレスの3頭が、

一気に伸びてきました。

 

 

最後は、ムーア騎手のムチに応えて、

アジアエクスプレスが一伸びして1馬身先着でゴール。

 

 

勝ったアジアエクスプレスは、これでデビュー3連勝。

 

 

今までダートしか使ってこなかったので、芝は未知数な部分がありましたが、

適性に問題ないところを証明してくれました。

 

 

この先のクラシックレースの、皐月賞やダービーも、

開催最終日に行われることを考えると、

このスピードだけではない、パワーを兼ね備えている点が、

かなりプラスになると思われ、

早くも来年の大きな舞台での活躍が、見えてきた気がします。

 

 

このまま元気で無事に春を迎え、

更なる成長が見られれば世界も狙えるかもしれません。

期待しましょう。