競馬予想会社の元社員が送る、競馬コラム!

あえて言おう、無理であると!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あえて言おう、無理であると!

 

 

君たち、いいから、落ち着け!

冷静に考えろ。

 

 

君たちは、いままで、馬2頭を買ってきた。

 

 

この2頭のどちらかが1着になっても、2着になっても的中な、

馬連という馬券を買ってきたそうだろ?

 

 

・それでも、当たったか?

・収支はプラスだったか?

・的中打率、8割以上だったか?

・当たらなかったろ?

・難しかっただろ?

・永遠に当たらないんじゃないかと思って眠れない夜があっただろ?

 

 

それなのに、馬3頭の順位を正確に当てるなんて・・できるわけないだろう。

 

 

・当たらないんだよ、3連単なんて。

・絶対無理なんだよ、3連単なんて。

・万馬券欲しいなら、馬連でも取れるさ。

・10万馬券なんて、見ないほうがいい。

・10万馬券の奥には、法律事務所があるぞ。

・破産管財人が、もみ手をして待ってるぞ。

・平和な人生の中で、あくまでも娯楽としての馬券を楽しみたいだろ?

 

 

もう一度いう、3連単は3頭の馬の順位を正確に当てる馬券。

 

 

もしこれを当てられるなら、馬連など簡単に当てられるはず・・じゃないのか。

つまりいままで大儲けしていたはずだ。

 

 

大儲けしていたけど、なんだかつまんないから、

さらに大きな敵を倒すために、3連単を目指す。

 

 

君がそんなダルビッシュな馬券師なら、何も言わない。

ここで、僕はあえて言おう。

 

 

「馬連が当たらない人に、3連単は無理であると!」