競馬予想会社の元社員が送る、競馬コラム!

当てたい派? 儲けたい派?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたは、当てたい派?儲けたい派?

 

 

同じようで、同じじゃない。

似て非なる、このふたつの派閥。

 

 

僕は、儲けたい派から、当てたい派に鞍替えした人間。

一時期、僕はとにかく当たらなかった。

 

 

軸は当たっているのに、紐を間違える。

縦目は来る。

勝負した馬が、放馬して、競走除外になる。

おまけに買い忘れた馬券が、来てしまう。

 

 

あまりにも、当たらない日が続いたので、僕は考えた。

僕の馬券には、なんか、根本的な間違いがあるんじゃないか?

 

 

分析してみて気がついた。

やっぱり、縦目と抜けが異常に多いのだ。

 

 

チェックしている馬は間違っていない。

そこから、当てたい派と、儲けたい派では発想が違う。

 

 

儲けたい派は、縦目になった馬と抜けた馬の共通点、見逃した点を探す。

両方とも調教がいい。上がりタイムがいい・・など。

 

 

しかし、僕は当てたい派。

どう考えたか?

 

 

全部、BOXで買っちまえ!

 

 

それなら、縦目も出ないし、抜けはない。

儲かるわけがない。

 

 

大体、僕は5頭に絞る。5頭の馬連BOXで、買い目は10点。

これで、抜けない、縦にならない。

これで、よし。

 

 

よしじゃねえよと、突っ込む人は、儲けたい派。

 

 

買うレースを絞り、買い目を絞る。

えらい人だと思う。マジで...

 

 

ただ、僕はあの払い戻しの機械の列に並ぶ快楽が忘れられない。

 

 

パソコンのPATの残高が、増える喜びが大好きだ。

だから、合計で儲からなくても、回数当てたい。

 

 

でも、あまりマイナスは増やしたくない。

自然に、購入金額が減る。

つまりは当たってもあまり、配当がない。

 

 

結論。

当たっても、儲からない。

 

 

当てたい派?

儲けたい派?

あなたはどちら?