競馬予想会社の元社員が送る、競馬コラム!

スピード理論!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1990年、一部の馬券師を震撼させる本が、翻訳された。

アンドリュー・ベイヤーの、

 

 

『勝ち馬を探せ!!―馬の絶対能力を数値化した、スピードインデックスによる競馬必勝法』。

 

 

僕も、この1冊でいままで混沌としていた、自分の競馬予想に1本の筋が通った。

この本から派生した、スピード理論とはなにか?

 

 

簡単に言えば、走破タイム至上主義。走破タイムこそが、その馬のすべてという考え。

 

 

その走破タイムを、徹底的に数値化して、その馬の能力とする。

そこに加算されるのは、その日の馬場の状態。

 

 

全体的に、時計がかかった馬場で速いタイムを出した馬の能力は高く、

同じタイムでも高速馬場でのそれと比べて数値は高い。

 

 

その日の走破タイムを完全に平均化して、その平均から馬の能力を図る。

このスピード理論が凄かったのは、難しくって、面倒臭い点だ。

あまりにも、手間がかかる。しかし、説得力はある。

 

 

つまりは、ようわからんけど面白そうなので、数値だけ教えろ。

 

 

こうなると、スピード理論を構築した人は、自分のサイトを会員制にして、

それぞれの馬の能力指数を配信できる。

 

 

さらに、簡単に数値が計算できるソフトを販売することができる。

 

 

ちなみに、スピード理論で予想する人は、パドックなど見ない。

レースも見ない。大切なのは結果のみ。

 

 

僕は、違うけど...