競馬予想会社の元社員が送る、競馬コラム!

時限爆弾という名の馬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の天皇賞馬。

 

 

『ジャスタウェイ』

 

 

5番人気で、馬連より単勝のほうが高倍率という珍しいパターン。

 

 

つまり、連下の穴としてはいいけど、まず、絶対、勝たないよな...

というみんなの判断。

 

 

ところが、この馬の単勝を迷わず、買った人達がいる。

 

 

この馬、JRA馬名登録で、

ジャスタウェイの意味は、”その道” になってるが、本当の意味は違う。

 

 

『ジャスタウェイ」』

 

 

少年ジャンプで連載中の、”銀魂” という漫画に出てくる、

死ぬほど情けない形の時限爆弾の名前なのだ。

 

 

偶然の一致ではない。

 

 

実は、このジャスタウェイの馬主、大和屋暁氏は、

アニメ版銀魂の、”メインシナリオライター” 。

 

 

実際、この馬がはじめて勝った重賞、アーリントンカップの表彰式の時に、

大和屋氏と福永騎手の優勝杯の中には、

この死ぬほど情けない時限爆弾、ジャスタウェイが乗っているのだ。

 

 

この辺の事情を知らなくても、アニメを見ていて、ジャスタウェイと聞いた瞬間に、

あの死ぬほど情けない爆弾を思い浮かべ、笑いながら、単勝馬券を勝った人は、

見事に馬連より高い、1550円の単勝をゲットできたのだ。

 

 

ちなみに、ジャスタウェイのもうひとつの意味は、”すぐに、逃げろ”

 

 

逃げ馬だったら、ぴったりの名前だったが、

その真逆な脚質なのは笑える。